読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろぐ

作ってあそぶよ

iPhoneでもCrayonStyleを

らくぬり帳
f:id:lightwave:20130520202118j:plain
先日に続き、CrayStyleを使いましたが、今日はiPhone4で描いています。
 
iPadで使った時に比べ、小さい紙に描くイメージとなり、あまり細かい描き込みはできません。
 
その分、紙全体を塗りつぶすのが早くなるので、「描き込めない」「早く描ける」という特徴はむしろ、らくぬり向けには好都合なんですね。本気の絵はパソコンで仕上げれば良いのです。
 
さらに、iPadだと覗き込まれるのが恥ずかしいという人も、iPhoneで描いていれば、手の動きからしてゲームアプリを遊んでるようにしか見えませんよ(笑)
 
さて、今日は通勤の行きと帰りで二枚描いたのですが、こちらは主人公のハチが小さすぎて描きにくい例です。構図にこだわった細々した絵を描きたい時には、やはりiPadがいいですね。
 
f:id:lightwave:20130520202535j:plain
 
ちなみに、iPhoneiPadでは画面のサイズも違うので、それに合わせてツールの配置も変わり、とても心地よく描けます。いろいろ試しましたが、iPhoneでここまで快適なのは初めてです。
f:id:lightwave:20130520203254j:plain
 
CrayonStyleは有料ですが、一本買えばiPhoneでもiPadでも使えてオススメのらくぬり向きアプリです。
 
そうそう、昨日のらくぬりんご。さっそく描いてみたという方がいましたよっ!iPhoneiPadなどお持ちでしたら、いまからちょっと10分くらい、ラク塗り試してみませんか??
 
Crayon Style - クレヨンで日常に彩りを