読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろぐ

作ってあそぶよ

貧者のインジェニュイティ作るよ!

なにか作るよっ

趣味のジャンルに、『高級筆記具』というものがある。

 

書き味滑らかなゲルインクボールペンが200円そこらで買えるのに、1万円以上もする万年筆やボールペン(あるいはシャープペンも!)を好んで使う、収集するというものだ。

 

タイトルにある【インジェニュイティ】は呪文でもレアカードでも古の兵器でもなく商品名。万年筆ユーザーにはあたりまえに知られるブランド、PARKERの提案する新しい筆記具『Parker 5 th』。このペン先を搭載した高級ペンがインジェニュイティなのだ。

 

f:id:lightwave:20110914120021j:plain

詳しい性能はペンハウスで読んでもらうとして、今日のお題は、この2万円前後のペンを1000円くらいで手に入れようという遊び。

 

f:id:lightwave:20130204231805j:plain

このペン、一見すると万年筆に見えるんだけど、実は違う。よーく見ると芯が一本突起していて、これが実に柔らかい書き心地を実現しているのだ。さらに書くほどペン先が磨耗して、持ち主の手に馴染んでゆくという仕組み。

f:id:lightwave:20130204233042j:plain

摩耗するのでインクが切れた時のリフィル交換はペン先ごとになっていて、それゆえリフィル一本1000円前後してしまうのだけれど、つまりはこいつ単体でペンになってるわけでして。

 

でも、このままでは細いし短いし使いにくい。そこで鉛筆が短くなったときに使う『鉛筆ホルダー』あれが使えないかと思ったんです。

 

さてここからDIYのお時間です。

 

f:id:lightwave:20130204221321j:plain

買ってきましたParker5thリフィル黒のM(太さ。Mは標準、Fは細め)あと鉛筆ホルダーが2本で210円、これは百均にもありそう。材料コレだけ1260円、しかし2万円の書き心地!(には及びません笑)

 

f:id:lightwave:20130204222342j:plain

ホルダーに入れるため、鉛筆くらいの太さになるよう紙を巻き付けました。最初セロテープをぐるぐる巻きにしたんだけど、どうにも滑っちゃうので紙です。見えなくなるから、ダサくていいの。

 

f:id:lightwave:20130204223131j:plain

太さの調整しながら巻いて、がっちりホールドしたら出来上がり。ね、簡単でしょう?キャップまで付いてきますから、ペン先乾燥対策もバッチリです。どーなのコレ。

 

このペン先、新品の時は少しキュッキュしますが。日常使っていると、すぐに馴染んで、なめらか〜で幸せになれちゃいます。

 

・本物との違い

重さと重心、グリップ位置。これが書き心地の違いを生みます。やはり高級品はソコにこだわって作られていますね。自作は鉛筆ホルダーですから軽いです。軽くていいな!って思っていれば幸せです。貧者は本物の試し書きなどしないほうが幸せでいられるのです!(笑)

 

それともうひとつ、表裏が大切です。本物は片面に万年筆風の屋根がついているので、いつも紙に触れる方向が同じですが、自作は印をつけないと、裏で書いたり表で書いたりしちゃいます。ペン先が良くない減り方しそうなので、シール貼ったりして筆記方向決めるといいかも。

 

 

以上、くだらない遊びに付き合ってくれてありがとう!

お気に入り万年筆はLAMY2000です。美しい!